| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

F.O.Eとの追いかけっこの果てに

一階のMap作ってこんかいミッションはとうの昔に終わり、少しはレベルが上がったので二階へと足を進めました。
恐々と歩みを進めると、マップ上に赤い点、上画面では赤い光が近づいてくる。。
ああ、これがウワサに聞く「F.O.E」か。このゲームの戦闘はランダムエンカウントなんだけど、「F.O.E」なる敵は特別で赤い光の塊となってマップ上を徘徊してるのです。

最初は遭遇してもそそくさと逃げてたけど、レベルや武器防具が揃ってくるとやっぱ挑戦したいじゃないですか。戦ったところ、目が怖い鹿の化け物だったです。
鹿とも慣れてきて、三階へと足を進めるとここにも「F.O.E」いやがんの。
三階のヤツは巨大なカマキリのモンスターでございました。これがまた硬い・痛い・うざいの三拍子揃った敵でして。死に物狂いで逃げたもんです。まだまだ勝てそうにねえ。

ブシドー、カースメーカー1
幸いカマキリは足がワンテンポくらい遅れる模様。その合間を縫って進んでいくと、なにやら扉の前に人が立ってるさ。
二人組の女が立ち塞がっておりまして、「執政院でミッション受けてこないと通さないからね」的な事を言うのです。せっかくここまで来たのになー。

ブシドー、カースメーカー2
ぶつくさ言いながらも、一旦町へ帰還。
肝心のミッションとは、スノードリフトなるオオカミのボスを倒してこいと。
さっきの扉の前まで行くと二人組は自己紹介してくれて、道も開けてくれたのでした。
手前の和風の女がブシドーのレン。奥の顔色が悪そうなのがカースメーカーのツスクル。
スポンサーサイト

| 迷宮日記 | 23時54分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷宮に潜るヒトっち

前回は名前だけだったので、今回はさらっと紹介しておきます。
一から名前考えると、かなり時間がかかりそうなのでペルソナ3から拝借しました。
よって、ペルソナ3をやった人ならニヤニヤ出来るかもしれませんが、やった事ない人だとチンプンカンでしょう。


鉄壁の守りパラディン。
ガチガチに硬くて頼れるみたいな説明だけども。足は遅いし攻撃力はソルジャーに劣る。
うーん、ボス戦なら頼れるのかな。スキル次第なのかも。


ようするにムチ使い。
ムチなら女王様を作りたかったんだけど、丁度合うようなのがいなかったので男に。
頭・手・足を文字通り縛り上げて、頭なら呪文系を唱えさせない、手なら攻撃させない、足なら逃がさないっていうムチスキルが便利。


ここまで前衛組。樹海の狩人レンジャー。
スピードがとにかくずば抜けてて、ほとんどレンジャーから攻撃する程。
その代わり、攻撃力はそんなにない。
バックアタックを防ぐのや、先制攻撃の割合が上がるスキルが便利。


パーティの薬箱。
回復を一手に担うので、いないと話になんない。
一応パラディンも回復スキル覚えるけども、中途半端なので殆どメディック頼り。


氷・雷・炎・毒を操るいわゆる魔法使い。
かなりのダメージを稼いでくれるけども、詠唱時間が長めなのがネック。

| 迷宮日記 | 23時58分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

慎ましく迷宮入り


エトリアという小さな街に「世界樹の迷宮」と呼ばれる地下樹海があると聞き、やって来ました冒険者のギルド。オッサンが言うにゃ、まず最初はギルドを作れとさ。
ギルドの名前やキャラクタの名前を真面目に考えてたら、いつまで経ってもゲームが進みそうにないので(それこそ三日三晩かかる)同時期に始めた「ペルソナ3」の主要キャラクターの名前を拝借しました。
ギルド名は「タルタロス」作ったキャラクターを列挙しますと、ミツル・サナダ・ジュンペイ・ユカリ・フウカ。後で説明書見たら説明書も同じ事やってやんの。
キャラは後日紹介予定。


さて早速迷宮に降り立とうと思ったら、門番の兵士がアンタがたは「ミッション」受けた方がいいだっぺ。みたいなニュアンスで言いがかりを付けられちまった。
そこで執政院つうお堅い役人が仰山居そうなとこで、このメガネ君から1階の地図を作ってこいってな内容のミッションを受けたのでありました。細かい経緯は違うかもしれないけど、一人前になりたきゃミッション受けれってのは覚えてるぜ。


はてさて迷宮1階をビクビクしながら真っ直ぐ進んで行くと、執政院の使いの兵士が仁王立ちしておるじゃないですか。
兵士が言うにゃ、この赤い点線内の地図を作ればいいらしい。
ここで兵士から地図の書き方の丁寧なレクチャーを受け、タッチペンで実際に書いてみる事に。おぉ、なんだか「キュッ、キュキュー」の効果音が心地よく響いて、実際に紙に書いてるような錯覚さえ覚えるでした。これは楽しい。

地図を書きながらあちこちブラブラ歩いてると、ズタ袋が転がってる行き止まりに彷徨いこむ。そこでズタ袋を調べますか?(はい・いいえ)ってな選択肢が出てきて、そりゃ調べるだろう!っと調べたらモグラが4匹くらい下に隠れてたみたいで戦闘へ。
雑魚だと思って油断してたら、あっけなくジュンペイ死亡。それでもなんとかモグラを全滅させて、命からがら街へ逃げ帰る。ひいぃ、怖かった。 

| 迷宮日記 | 23時24分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。